読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

good room,good life

シンプルに「好き」を追求したい。ファッション・インテリア・ハンドメイド、そして家族。暮らしを豊かにしてくれることについて綴っているブログを北海道から。

good room,good life

Interior,Fashion,Handmade with Kids...from Hokkaido

日本からマレーシアのレゴランドへ直行!子連れにいちばんおすすめの利用空港と移動手段はこれ。

子育て・家族 お出かけ・旅行

9泊10日のマレーシア・シンガポール旅行。

まずは日本からすぐにマレーシアのレゴランドへ向かい、
その後シンガポールに移動しました。

レゴランド詳細はこちらの記事をどうぞ。

 

f:id:harchel:20170201142701j:plain

 

 

日本からレゴランドに直行するならチャンギ空港が便利

マレーシアのレゴランドの最寄空港は、マレーシアの「スナイ国際空港」です。
レゴランドからも30キロほど。
ただ日本からの直行便が無く、結局クアラルンプールやバンコクなどで乗り継ぎが必要なようでした。

調べたところ、乗継時間もかなりかかりそう。

スナイ国際空港に乗り入れている航空会社はこちら

 

マレーシアのレゴランドは、シンガポールの国境近くにあり、
シンガポールからも車で1時間程度で行けるということだったので、

日本から乗り継ぎなしで行けるシンガポールチャンギ空港から行く方法を選びました。

 

ちなみにマレーシアへの入国においては
観光・商用目的で90日以内の滞在ならビザは不要。

ただしパスポートの残存が入国時6ヶ月以上残っている事、
帰路(もしくは次の目的地)への航空券を所持している事が条件です。

 

 

今日は、シンガポールチャンギ空港からマレーシアのレゴランドの行き方についてです。
子連れ・荷物ありの移動にオススメの方法とは?

 

シンガポールチャンギ空港からマレーシアのレゴランドへの行き方

大きく3つあります。

①公共バスを使う
②国際タクシーを使う
ハイヤーを手配する

 

それぞれの特徴をご紹介

①公共バス

【安い】
片道6ドル程度で行けるようです。

【バスって難しい】

バス、私苦手なんです。
停留所の場所が地図に載っていないことが多く、
迷っているうちに発車…こわいです。
案内図も電車ほど親切でないために、運転手さんに直接聞かなければならないことも。

【めんどくさい】
シンガポール出国・マレーシア入国の都度、
荷物を持って子どもを連れてバスを降りて、手続きをしなければなりません。
想像だけでめまいが起きます。

【時間がかかる】
3時間程度かかるとのことです。
日本から7時間かけて来て、そこから3時間…むりだ…。

 

f:id:harchel:20170203102841j:plain

②国際タクシー

【まあまあ安い】
70ドル(5,600円)程度です。

【国境越えはめんどくさくない】
タクシーだと、車に乗ったまま出入国審査が受けられます。
荷物と子どもがいるならバスより断然こちらです。

【タクシーに乗るまでがめんどくさい】
シンガポールで走っているタクシー全てがお隣マレーシアまで行ってくれるわけではなく、
「国際タクシー」のみが国境を越えられます。
その国際タクシー、「Bugis(ブギス)」という場所からでないと乗れません。
ブギスは空港近くではなく市街のど真ん中にあります。

 

したがって、空港から地下鉄またはタクシーでブギスへ行き、
そこから国際タクシーに乗り換えることになります。
タクシーなのにめんどくさいです。

 

大人だけだったらかまわないのですが、
子どもが途中で寝てしまったら…などと考えるとつい遠い目に。

 

ハイヤー:私たちがチョイスした行き方

【高い】
車種にもよりますが、片道1万円程度します。

【何もかも、楽】
空港に迎えに来てくれました。
レゴランド」と書いたカードを掲げ、荷物を車まで運んでくれます。

 

▼白い服のおじちゃんが、ドライバーさん

f:id:harchel:20170126135323j:plain


そこからレゴランドへ一直線!
空港から1時間程度でレゴランドに着いてしまいます。


f:id:harchel:20170201224900j:image

 

▼これがレゴホテル
f:id:harchel:20170201225137j:image

【予約はメールで】
私たちはレゴランドのホテルを予約したあとに、
ホテルのコンシェルジュにタクシー手配を依頼しました。
ネットでハイヤーを予約することもできましたが、
コンシェルジュが一番確実、と思われました。

 

予約は、電話は不安なのでメールで。
ホテルの予約番号と、飛行機の便名・到着時間、人数をそえて
タクシーで行きたいので手配してほしいと伝えると、

価格や車種、「レゴランド」のカードを携えた運転手が到着ロビーで待っている、と
丁寧なメールが返ってきました。
価格は365リンギ。9,100円強です。

 ▼ちょっと古めのワゴン車。でも問題なし。
f:id:harchel:20170201224910j:image

 

もしホテルを利用しないのであれば、こちらのサイトからハイヤーを予約することができます。

 

【結局コスパがいい】
子連れ、荷物がある、不慣れ、英語がべらべらではない、フライト後で疲れている・・・
などいろいろ考えると、ハイヤーはコストパフォーマンスに優れていたと思います。

 

出入国の手続きも手慣れたドライバーさんが全てやってくださり、とても楽ちんでした。

車内は清潔。
インド系の運転手さんが、シンガポール市内の案内をしてくれながら
連れて行ってくれました。

 

ちなみに、レゴランドからシンガポール市内のホテルに向かった時も
コンシェルジュにお願いしてハイヤーを手配してもらいました。
帰りはの運賃は475リンギ、12,000円弱。
車種が違ったので、高くなったようです。

 

こちらのブログにとても丁寧に行き方が書かれてます。
ぜひご覧になってください。

 

子連れ旅行で肝に銘じていること

「あんまりケチってはいけない」

身にしみております…。

 

大人だけであれば苦労したり困ったりしたこともまた思い出になるのですが、
子どもに負担がかかると、その分親にかえってきてしまいます。

旅行中の移動、特に行ったことの無い場所に行く時には親子ともに疲れますから、
ここにかかる費用は特にケチらず、
いちばんスムーズに進む方法を考えるのがよいと思っています。

 

ケチって安全面や健康面で問題が生じたら、元も子もありません。
ここでケチらず済むように、日々の生活でケチった方が気持ちよいと感じています。

 

しかし私も夫も元バックパッカー
格安旅行は大好物です。
もう少し子ども達が大きくなり、体力・精神力ともに「大丈夫!」と思えるようになったら、
親子バックパッカーをすることが、最近の夢です。

 

次回の記事は、レゴホテルに泊まったレポ!
子どもわくわくのワンダーホテルをご紹介しますね。

 

子連れで海外旅行 

シンガポール♪ 

アジア旅行が大好きで気ままにやって往こう 

 

お付き合いくださりありがとうございました!

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

野菜の食育講座、やっています。

f:id:harchel:20161012113548j:plain

 

 

 

▼去年のシンガポール旅行記

harchel.hatenablog.com 

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com

 

 ▼My Articles @ ESSE Online

esse-online.jp

esse-online.jp