good room,good life

働きはじめたわたしの、暮らしと家族。ささやかな毎日を豊かにしてくれることを、北海道から。

梅雨はおしゃれな傘で気分アップ。十数年愛用の私の傘は、あまずっぱい思い出付き。

雨降りシーズンですね。

f:id:harchel:20160622224410j:plain


梅雨のないと言われる北海道でも、ここのところすっきりしません。

今週のお題「雨の日グッズ」。王道の傘について書いてみようと思います。

 

私のお気に入りの傘

 

それはこれ。

f:id:harchel:20160622230531j:image

大学の就活が全くうまくいかなかった時期に買いました。
もう十数年の付き合いです。

 

買った当時の昔ばなし

 

その当時、周囲ではビニール傘が全盛。
「雨が降ったらコンビニで傘買えばいいじゃ~ん」的なノリが、若者の空気感でした。

でもその頃から物を捨てるのが苦手だった私は、傘を捨てるのももちろん苦手でした。

「捨てる」が苦手な私の、流行に流されすぎないモノの選び方。 


駅のホームや学校の構内に無造作に放置されているビニ傘に、捨て猫の像を投影させて悲しくなっていました。

f:id:harchel:20160622224839j:plain

そんなわけで、私はその頃から使い捨てない傘を使っていました。

 

買ったお店

 

この傘は、昔大好きだったブランド「IENA」で買いました。

IENA | イエナ オフィシャルサイト

 

その頃就活真っ只中。
新宿での企業の説明会の帰りなどに時間が空くと、新宿ルミネのIENAによく足を運んでいました。

 

ずっと欲しかった

 

この傘をずっと素敵だなと思って見ていました。

 

くすんだブルーとオレンジのストライプ。
ネクタイのような質感の生地。

f:id:harchel:20160622230601j:image
高級感のあるウッディな持ち手。


全部が好きでした。

でも確か15,000円くらいしたので高くて手が出せず、でもいいなと思い続けていました。

 

思い切って買った傘

 

思うように就活が進まずストレスがマックスになりかけた頃、ふと「あの傘を買おう」と思い立ちました。
今思い返せばその行為はただのストレス発散の無駄づかい(傘はもう持っていました)。

でもあの時の私にとっては「あの傘さえ手に入ればすべてが変わるかもしれない」とすら思えるアイテムでした。

 

結局、その傘を買ったところで就活に何の影響もありませんでした。
けれど来る日も来る日も、他の女子学生と同じリクルートスーツに身をつつんでいた私にとってあの傘は、
雨の日にだけできる特別なおしゃれだったように思います。

 

 


そんな青春のあまずっぱい思い出付きの傘を、まだ使っています。
いまだに、あの傘をさすたびにわくわくできます。
あの傘をたずさえていることがうれしい。

f:id:harchel:20160622230627j:image

そういうひと品に出合えたことは本当にうれしいことです。
丁寧にメンテナンスして、まだまだ使っていきたいです。

 

 ▼好きなものを、大切に使いたい

こだわりアイテム 

丁寧な暮らし 

☆30代〜のファッション&北欧大好き☆ 

 

 

 

お付き合いくださりありがとうございました!

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 ▼If you like...

harchel.hatenablog.com 

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com