good room,good life

働きはじめたわたしの、暮らしと家族。ささやかな毎日を豊かにしてくれることを、北海道から。

【時短】毎晩一品ゆで野菜のススメ。野菜たっぷり・時短調理生活。

野菜が好きです。

野菜をたくさん食べることがやや趣味化しています。

でも料理自体があまり好きではないので、けっこう困っています。

たくさん食べたい・・・めんどうくさくない方法で・・・を模索しています。

 

我が家の晩ごはんはなるべく一汁三菜を意識しています。

お味噌汁・ごはん・肉または魚・野菜メインの副菜2品です。


f:id:harchel:20151125172542j:image

献立を考える時、メインとなる肉・魚はあっさり決まるのですが、

副菜の知恵を絞るのに悶絶しています。

 

なので、副菜2種類のうちひとつは決めてみました。

●ゆでただけのもの

●切っただけのもの

 

子ども達も、たくさん調味したものよりもゆでただけ・切っただけのものの方がくいつきが良く、そういった事情も加わってこういった決定にいたりました。

 

夏場やきゅうりやトマトなど、切っただけで出せる野菜が多かったので楽でしたが、

冬場はさすがに冷えるので生野菜を出す気持ちになれず、もっぱらゆで野菜です。

ちょっと多目に(一食あたりほうれん草なら1把使う家庭だったら2把)ゆでておいて、お弁当や別日の時短調理に使えて便利なので、ご紹介します。

 

ある1週間のゆで野菜活用例 

ブロッコリー・ほうれん草・いんげん・かぼちゃ~


f:id:harchel:20151125172549j:image

●月曜日

[晩]ブロッコリーをゆでる、ごまドレで食べる

●火曜日

[お弁当]ブロッコリー炒め

[晩]ほうれん草をゆでる、おひたしで食べる

●水曜日

[お弁当]ほうれん草のおひたし

[晩]いんげんをゆでる、ごま和えで食べる。月曜のブロッコリーをチーズ焼き

●木曜日 

[お弁当]いんげん・ほうれん草のベーコン巻き

[晩]かぼちゃを煮る(砂糖・塩のみで)。水曜のほうれん草をお味噌汁に

●金曜日

[お弁当]かぼちゃ煮

[晩]あまった野菜を全部入れてカレーにする。野菜に火が通っているので、15分で完成する。

●土曜日

[朝]かぼちゃの煮物をクリームスープに

 

ゆでただけ、あるいはほんの少しの調味料で味付けただけのものは、アレンジもききやすく便利です。

カレーが15分でできた時には感動がありました。 

 

 

料理は本当に苦手なのか?

料理は本当は好きなのだと思います。

家族全員よく食べる方で、「食べ残し」という概念が存在しないといえるくらい全員ペロリと平らげてくれるので、作り甲斐があります。

ただどうにも料理がおっくうで、その原因を考えたところ、いちばんめんどくさいと感じているのが、野菜の下ごしらえでした。

たくさん食べたいので量は多いし、

水は冷たいし(子どもか)、

泥や汚れが残るといやなので丁寧にやりたいし、

結局はきちんとやりたいばかりに時間がかかり、めんどうなのです。

この苦手部分さえクリアできれば、私の場合、あとは楽勝です。

 

そういう意味で、ゆで野菜の存在は私のめんどうくささをすべて排除してくれる存在です。

野菜の下ごしらえさえ済んでいればとても時短になるし、料理へのモチベーションも上がるのです。

ゆで野菜さえあれば副菜一品もまかなえ、翌日以降の副菜づくりの手間まで省け、お弁当のおかずにすらなる…このうえなく便利です。

 

 

もう一品の副菜は?

とはいえ、副菜すべてがゆで野菜というわけにはいかないのです。

大人が飽きるし、ちょっと火を通さないとお弁当に入れづらい野菜もあるわけです。

 

たいていはいくつかのレパートリーから選びますが、それすら飽きたときには、クックパッドかレシピ本に頼ります。

 

この本は便利でした。

野菜別のレシピが載っていて、基本的な調味料のみで完成します。

お弁当向き、おつまみ向きなどのマークもついていて、わかりやすいです。

ただし味付けかなり濃いめ…。半分の調味料でも十分おいしいです。

クックパッドだと、スマホタブレットを見ながらで、大事なところでバックライトが消えたりしてちょっといらいらします。

やはり料理の時には紙媒体が便利だなと思っています。

 

 

 

野菜たっぷり生活を家族にも強要(笑)しているせいか、家族全員全然風邪をひきません!

野菜ばんざい。