読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

good room,good life

シンプルに「好き」を追求したい。ファッション・インテリア・ハンドメイド、そして家族。暮らしを豊かにしてくれることについて綴っているブログを北海道から。

子どもにイライラする前に自分にできることを考える。IKEAのウォールステッカーでストレスを減らす!

子育て・家族 断捨離・お掃除・片付け・収納 インテリア・雑貨

我が家のリビングの入口には、ガラスの入った扉があります。


f:id:harchel:20160202124050j:image


廊下からリビングの、リビングから廊下の様子がわかり、とても便利…

なのですが子どもがガラス部分を触って閉めるため、ベタベタと指紋が残って汚れが目立ちます。

 

「ガラスを触らないでね、手の跡が残って汚れちゃうから。その代わりドアノブで開け閉めするんだよ。」

「ハーイ!」と明るく答える子ども達。なんて素直でかわいい。幸せだな、わたし。


でもその3秒後にはベタベタの手でガラスを触って、ばったーん!と扉を閉めます。


いらっ。


「ねーえ、ママ言ったよね?ガラスは触らないんだよね?」

「あ、そうだった!ごめなさーい!」
そうね、誰にでもうっかりすることはあるもの、大目にみてあげなくちゃね。

 

でもその10秒後にはベタベタの手で…のくだり、そのあとのやりとり、全部一緒なので割愛!

これが毎日休みなく繰り返されるわけです。いらいらします。(笑)


次男くんはもうあきらめましたが、長男くんは「言ったらわかってくれるだろう」という期待があるせいで、猛烈にいらいらしてしまいます。
とはいえまだ6歳…できないことはできないんですよね。
何度言ってもわからないことは、私の言うタイミング・言い方など、とにかくこちらが間違っているのです。

 

これは私が間違っていたのかと知り、そこから何が本当の問題かを掘り起し、問題解決に向かいます。

ガラスを触られてなぜ嫌かといえば、「拭くのがめんどう」、この一言に尽きます。
であれば、指紋が目立たなくすれば良いわけです。

ガラスに貼れるシールをネットで見つけました。


が、買うのが何だか癪(笑)で、別の部屋に貼ってあったIKEAのウォールステッカーを一部はがして、子どもがいちばん触りやすい場所に貼ってみました。


f:id:harchel:20160202124135j:image

 

ああ、いい感じ!

白黒なので、裏から見てもそれほど違和感が無いような気がします。


f:id:harchel:20160202124216j:image

よく見ると壁紙がはがれた跡が少し残っているけど…ベッタリ貼れてしまうとはがすのが大変そうなので、かえってよさそう。

 

貼って数日。指紋も目立たず、私もいらいらする時間がぐっと減りました。

 

 私の買ったウォールステッカー↓

1枚だけでも、群れ風にしてもかわいいです。

 

 

その他、たたんだ洗濯物を自分達で部屋のチェストにしまうのをお仕事としてお願いしているのですが、
これまた毎回リビングに置きっぱなし。
いらっ。注意する。かわいく返事する。でも片付けない。いらいらする。注意する…の無限ループ。

 

あ、私が間違っていたんですね。失礼いたしました。楽しくお片付けできるよう善処させていただきます。
というわけで、たたんだ洗濯物をかわいいバスケットに入れることにしてみました。

f:id:harchel:20160202124319j:image
すると「お届けものでーす!」とごっこ遊びが始まり、どんどん片付けてくれるように。

 

 ******

 

どんなに理路整然と説明しようと、叱ろうと何しようと、できないものはできない。
そうなったら、子ども達も私もストレスの無い「落としどころ」を考えることって、叱ることより断然楽ですよね。
エネルギーの消耗の仕方が違います。

だいたい怒りを爆発させてしまった後に「私が間違っていたのか」と気づくわけだけど…
工夫を重ねて日々穏やかに暮らしたいものです。

 

お付き合いくださりありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

 

 

* * * 参加トラコミュ * * *

丁寧なくらし
http://lifestyle.blogmura.com/tb_entry113040.html

日常の小さなできごとを愛する生活
http://lifestyle.blogmura.com/tb_entry69727.html

子どものお片付け(無印・IKEA…etc!)
http://baby.blogmura.com/tb_entry115767.html

子育てを楽しもう♪
http://handmade.blogmura.com/tb_entry36980.html