読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

good room,good life

シンプルに「好き」を追求したい。ファッション・インテリア・ハンドメイド、そして家族。暮らしを豊かにしてくれることについて綴っているブログを北海道から。

コートを15分でリメイク。大切にしているものをより長く楽しむために。

My favorite ハンドメイド ファッション

世の中が少しずつ春を感じさせようとしています。

雑誌も、服屋さんも、どこもかしこも。
でも北海道は今がいちばん寒い時期。ダウンやダッフルコートがまだまだ活躍中ですが、少しだけ春らしく、明るい色のアウターが着たくなります。

 

大切にしているコートがあります。

f:id:harchel:20160226102245j:image

大学時代に買ったグローバーオールのダッフルコート。

f:id:harchel:20160226102338j:image

グローバーオールと言えばダッフルコートの代名詞。イギリスの老舗ブランドです。

当時このダッフルコートは5~6万円しました。
色にも形にもひとめぼれだったものの、値段にびっくり。でも欲しい…高い…欲しい…高い…何度もお店に足を運んではため息をついて帰るばかり。
ある時たまたま東京に遊びに来ていた母と一緒に見に行き、私の様子を見かねて「お誕生日のお祝いに買ってあげるわよ。」と言ってもらい、飛び上がらんばかりにうれしかったのを覚えています。
それを狙って母を伴ったわけですが。(笑)

 

その当時は鮮やかなベビーブルーでしたが、だんだんとくすんできて、今は全体的に少しグレーがかってきました。
年齢的にも鮮やかな色が似合わなくなってきているので、ちょうど良かったかな、なんて思っています。

 

そんな思いの詰まったダッフルコート。

14年以上の付き合いのダッフルコート。

 

ひとつだけしっくりきていない部分がありました。
それはボタンの色

明るい赤茶色なのですが、どうもカジュアルすぎるというか、ベビーブルーの若々しさをより一層引き立ててしまっているようで年齢的にキツく感じてきていました。

 

もう少し落ち着いた色味のボタンに変えようと思い、聖地「カナリヤ※」へ。

※札幌市内の手芸屋さん。リメイクの折には必ずお世話になるお店です。

同じデザインでこっくりしたこげ茶色のボタンを見つけ、これにしようと手に取り振り返ったところにあったボタン。

f:id:harchel:20160226102416j:image
ちょっとだけアンティーク好きな私はこれにとても惹かれました。

かなり迷いましたが、思い切ってイメージチェンジをしてみようと、このボタンにしました。



家に帰ってさっそく付け替えます。

付け替える時のポイントは、最初と最後の玉止め部分は生地の裏に出すのではなく、ボタンの根元(つまり表)に出すこと。
脱いだ時に裏地から玉止めが見えていると、少しダサいですから。

f:id:harchel:20160226102740j:image


完成。

f:id:harchel:20160226102753j:image

 

とても気に入りました。色味が抑えられ、アラサーの私にもしっくりくる気がします。
大切にしているものが、より好きになった感覚があります。


明日はお友達とランチ予定。これを着て行こうと思います。


こんなコーデで行こう。

f:id:harchel:20160226150055j:image

 お気に入りのベレー帽で。

リメイク白シャツ(下記参照↓)+黒のカシミアニット+グレーのウールパンツ+おじ靴。

 

 

▼▼If you like....▼▼

 

harchel.hatenablog.com

 

 

harchel.hatenablog.com

 

 

harchel.hatenablog.com

 

 

お付き合いくださりありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

 

 

▼▼You may also like....▼▼

丁寧なくらし

日常の小さなできごとを愛する生活

ハンドメイドのある暮らし。

少ない服で着まわす

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

☆30代~のファッション&北欧大好き☆