読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

good room,good life

シンプルに「好き」を追求したい。ファッション・インテリア・ハンドメイド、そして家族。暮らしを豊かにしてくれることについて綴っているブログを北海道から。

こんな育児が、こんな生き方がしてみたい!憧れのライフスタイル本「国境のない生き方 ~私をつくった本と旅~」

お出かけ・旅行 わたしのこと 子育て・家族

f:id:harchel:20160604235508j:plain

  

 

「地球サイズで見れば悩みなんてハナクソ。」

 

そう帯に書いてあった本「国境のない生き方 ~私をつくった本と旅」
阿部寛さん主演の映画「テルマエ・ロマエ」の原作を書いた、ヤマザキマリさんの本です。

私もよく悩んだときには地球サイズで考えるようにしているので、当然のごとく買って帰りました。

 

すごい人生

 

この本はヤマザキマリさんの半生を振り返る本でもあるのですが、彼女の人生は「すごい人生」。


神奈川に生まれ育つも、演奏家のお母さんと妹さんの3人で身寄りのない北海道に移り住みます。  
北海道の大自然のなかで、「他人の目なんて気にしない」生き方をすりこまれました。
14歳でヨーロッパひとり旅をし、ど貧乏のイタリア留学生活、未婚のまま出産帰国結婚。
シリアやエジプト、ポルトガル、アメリカなど世界各地で暮らしてこられました。


北海道での暮らしの描写にはある程度のシンパシーを感じることができるのですが、
お母さんの肝の据わり方、とんでもない読書量、「命をもっと使う」という言葉で説明される生命力・行動力。
同じ人間というカテゴリーでくくられるのが申し訳ないくらい、うらやましいほど自由な生き方をされています。

 

 

私とは別世界の方・・・と思いきや、共感できるポイントが多い


「旅に出て、自分のことを誰も知らない場所に身を置くと、(中略)それまでの経験や価値観が通用するかどうかもわからない場所で、人は自分を試される。(中略)
そうやって自分で考え、自分で感じ、自分の手と足を使って学んでいくことを「経験」と言うのだと思います。」

 

私の旅なんて、ヤマザキマリさんに比べたら屁でもないのですが、
私も大学時代にバックパッカーをしてきて、同じようなことを感じてきました。


f:id:harchel:20160605001527j:image

バックパッカー in ウズベキスタン

 

「皮をむいたら中身は同じ人間。でもその皮が違う。
おつりをだまし取られたり、宗教の違う国で罵声を浴びせられたり。
嫌な思いをたくさんしました。

 

けれどその反面、旅で必ず感じることが
「皮は違うけれど、その皮をむいたら中身は同じ人間。
困っている時に助けてくれる人は必ずいるし、笑顔を交わせば、言葉はわからなくても通じ合える。
そういう経験もたくさんしてきました。


f:id:harchel:20160605001606j:image

バックパッカー in イラン

 

全然違う文化や宗教に属する人でも、家族を愛する気持ちや困っている人を助けたいという気持ち、子どもや赤ちゃんが宝だと思う気持ちは世界共通。
そう考えると、戦争はまさに「相手を知らないからこそ起きる」と感じます。

 

ヤマザキマリさんも戦争について、こう書かれています。

戦争をいまだにやり続けているのは(中略)想像力と寛容性がないからだと思うのです。

よく聞く文言ではありますが、まさにそう。
「相手も同じ人間、時には間違いを犯す」とお互いが思えていれば、小さなものから大きなものまで争いはなくなると思うのです。

 

 

私が子連れ海外旅行をする理由

 

私が子どもを連れて海外旅行に出るのは、そういう経験をさせたいからでもあります。
たった1週間たらずの旅行ですが、なるべくたくさんの人と触れあって、子どもに知ってほしい。
人間は本質的には同じだ、ということを。
世界は広くて、生きられる場所は、今いるコミュニティだけではない、ということを。

パッケージツアーを嫌い、個人手配旅行を好むのは、こういったところにも理由があります。

f:id:harchel:20160503140819j:plain

家族旅行  in 韓国

 

もし子どもがいじめに遭ったら、やろうと思っていること

 

もし子どもがいじめなどで、生き苦しさを感じるようになったら絶対にやろうと思っていることがあります。

それは、子どもと2人でバックパッカー旅行。
たくさんの人と触れあい、分かち合い、「世界は広い。自分の悩みなんて、地球サイズで見ればハナクソ!」と思わせてあげたい。
すっぱり学校を辞めても、別の人生を歩む選択肢がちゃんとあることを伝えてあげたい。


自由に生きていい。私も、子どもも。

 

私自身が親のレールから外れることなく育ってきました。レールを外れていいという概念すら無かった。
だからこそ憧れるヤマザキマリさんの育ち方、考え方。
まるごとまねることはできないけれど、子どもに自由に生きてかまわないことを伝えてあげよう、私も自由に生きてみよう、と思っています。

 

 

とても平易な表現の本です。心にすぅっと入ってくる文章。
読書が苦手な方にもおすすめです。

 ▼のびのび生きたい!(ブログ村へ)

子連れで海外旅行 

 子育てを楽しもう♪ 

心の叫び、解き放つ小部屋 

 

 

お付き合いくださりありがとうございました!

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

▼私の子連れ旅行記

【シンガポール旅行】なぜあんなに大好きになったのかを考える。深く知ることは旅をおもしろくする。 

【韓国旅行】マニアックな旅を子どもと楽しもう《前編》。韓国の新幹線KTXに乗って温陽温泉へ行く。

【韓国旅行】レポ!韓国の温泉はこうなっている!マニアックな旅を子どもと楽しもう《後編》。