読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

good room,good life

シンプルに「好き」を追求したい。ファッション・インテリア・ハンドメイド、そして家族。暮らしを豊かにしてくれることについて綴っているブログを北海道から。

海外でまさかのインフルエンザ!持って行って良かったもの・持っていけばよかったものまとめ&海外保険の失敗談。

9泊10日のマレーシア・シンガポール旅行。
子連れでやや長めの旅行だったのですが、家族全員がインフルエンザにかかりました…!

 

発端は私。
日本を出国するあたりから寒気がし、機内では確実に発熱。
機内でダウンと毛布で体をぐるぐる巻きにしてガクガク震えていました。

 

その日を含めて私は2日発熱。
私の熱が下がったと思ったら長男発熱。これまた2日。
長男の熱が下がったと思ったら次男と夫が発熱。この二人は1日。
というわけで、旅程の半分は誰かが寝込んでいたのでした。

 

▼長男ダウン2日目

f:id:harchel:20170224114254j:plain

 

 

海外保険の失敗談

旅行前半のマレーシア滞在中はほとんど発熱していた私。
足首の関節が痛かったので、すぐにインフルエンザを疑いました。
保険に入っておいたので、保険会社に電話してすぐ近隣の病院を紹介してもらおうと思いました。

 

保険会社に電話し、日本語の対応に感動し、
「通話料がかかりますから折り返しますよ」という心遣いに目が潤み、
聞かれるがままに私が発熱の経緯をとうとうと話した後に、その方がこう言いました。

 

「日本から発病している場合は、保険の対象外となります。」

 

ぎゃー!だまされたー!

あ、だまされてはいない、
でもそんな保険の細かいところまできっちりチェックしとらんかったー!
うっかりしゃべってしまったー! 

f:id:harchel:20170224114936j:plain

 

海外の医療費はとても高額と聞きます。
具合の悪い人に対して、何て心無いことを言うんだ!と内心言いがかりをつけつつ、
一応、近隣のクレジットカード使用可能な病院の場所を聞いてから
お礼を述べて丁重に電話を切りました。

 

当たり前のことですが、何が適用で、何が適用でないかは

確認しておかなかればいけないですね。

具合が悪いときに細かい字を読みとく方がしんどいです。

 

インフルエンザだって、ただの風邪

感染力が強いというだけで、インフルエンザだってただの風邪です。(持論。)
苦労して病院に行っても高額かもしれない、すぐに治る保証もない。
もうこうなったら自力で治すと決めました。

 

持参してよかったもの

・体温計
これはマストアイテムです。
「下がったかな?」と思っても案外熱があったりしたので、
きっちり現状把握するためには絶対に必要でした。

ホテルでも貸し出してくれるかもしれませんが、かさばらないので持参がおすすめです。

 

・ローション入りティッシュ(とにかくたくさん)
鼻水が出まくります。
海外のティッシュはガサガサのことが多いので、
日本のふわふわティッシュは大事です。
特に子どもの皮膚は弱いので、必須です。

スーツケースの底にびっしり詰めたらかさばりません。

 

・マスク(とにかくたくさん、大人用も子ども用も)
鼻水・せき・くしゃみが出まくります。
うつしてしまわないためにも(結局全員にうつったけど)必要です。
鼻をかみすぎて鼻のまわりが赤くなるので、それを隠すためにもあると便利でした。

麻黄湯
漢方薬です。

 

去年子ども達がインフルエンザにかかった時に、これだけで治したのですが、

残りを持参しました。


麻黄湯はドラッグストアで買えます。
抗ウイルス薬よりも効くという検証結果も出ているそうです。
ただ飲むタイミングなどが決まっているようです。
こちらのサイトに詳しく書かれていました。

 

ちなみにこれは、インフルエンザ専用薬ではなく、風邪薬です。

寒気のある風邪に効くそうです。

 

・ホッカイロ
寒気が止まらないので、背中側の首元に貼っていました。

機内が冷えて、お腹が痛くなることが多いのでいつも持参しています。

 

いらなかったもの

・熱さまシート
とにかく汗をかきたかったので、これはいらないです。
子ども達が高熱で苦しそうな時は、わきの下に冷たい缶ジュース
挟んであげたりしました。

 

持っていけばよかったもの

・のど飴やトローチ

解熱後、私は喉の痛みが長く続き、しゃべりづらいほどでした。

・粉末タイプのポカリスエット
ポカリスエットのような、発熱時に飲むとよいとされるアイソトニック飲料。
これが、マレーシアでは微炭酸でした。
喉が痛かったり、体が弱っていたりする時の炭酸はけっこうキツイし、
そもそも子ども達が炭酸飲料が飲めないので、ちょっと参りました。

シンガポールでなら買えたもの

 

・マスク
防護マスクのような、いかついタイプのものでしたがドラッグストアで購入できます。
割高ですが。

子ども用も売っていました。

 

・のど飴
ドラッグストアで買えます。
日本にもある「VICS」ブランドのものは、種類も豊富にありました。


f:id:harchel:20170224120539j:image

 

「Watsons」というドラッグストアチェーンを、よく見かけました。
マスクものど飴も、Watsonsで購入しました。

Homepage | Watsons Singapore

 

野菜スープとフォーがありがたかった!

海外で体調を崩した時にしんどいのが、食事。
あたたかい素うどん、みたいなものになかなかありつけません。

でもホテルのイタリアンレストランで「ミネストローネスープ」があったこと、
近くのタイ料理屋さんに「牛肉のフォー」があったことは、
とてもありがたかったです! 

 

▼ミネストローネスープ。

f:id:harchel:20170224115235j:plain

 

ここまで書いておいて申し訳ないのですが、
「おそらくインフルエンザだった」というだけで、
病院で検査したわけではないのでインフルエンザではなかったかも。
でもここに書いたことは、他の一般的な風邪にも適用できることだと思います。
参考になれば、と思います!

 

シンガポール♪ 

子連れで海外旅行 

旅行

 

お付き合いくださりありがとうございました!

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

野菜の食育講座、やっています。

f:id:harchel:20161012113548j:plain

 

 

 ▼今年のマレーシア&シンガポール旅行まとめ

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com