good room,good life

家族・暮らし・仕事・旅。ささやかな毎日を豊かにしてくれるモノ・コトを北海道から。

good room,good life

Interior,Fashion,Handmade with Kids...from Hokkaido

【バッグ購入&断捨離・後編】流行りものには手を出すべからず。TODAY'S SPECIALのエコバッグ卒業、「ひとつ買ってふたつ処分」!

 断捨離をすすめるために、「ひとつ買ったらふたつ処分する」チャレンジをしています。


秋になりたての頃、シンプルコーデにメリハリをつけるためのバッグを買いました。
買ったバッグの記事はこちら

 

ひとつ買ったので、ふたつ処分します。
処分したバッグはこちらのふたつです。

 

 

 

クレデュクレの合皮バッグ


f:id:harchel:20171115004441j:image
これは長男が生まれる前に買いました。
キャメル色と、スタッズで形どられたリボンがお気に入り。
その頃はリボンやレースといったガーリーなアイテムが大好きでした。  

 

キャメル色のアイテムが秋口になるととても便利で、
また見た目によらずとても収納力があるので重宝していました。

 

けれど、アラフォーにさしかかるとリボンがきつくなってきました…
そして何より「合皮」であることがしっくりきません。
この年になったらもう本物を持ちたいと思うようになってきたということです。
合皮でもとても良いものはたくさんあると思います。
でも合皮は傷がつくと表面がはがれ、皮とは違った傷のつき方をするので、
明らかに「合皮」であることがわかるのは、
ちょっと嫌だなと思うようになりました。 
f:id:harchel:20171115004525j:image

これは姪っ子(小6)が先日欲しがってくれたので、姪っ子に譲ることにしました。

 

TODAY'S SPECIALのバッグ


f:id:harchel:20171115004543j:image

インスタなどでよく見かけ、流行っていたので買ってしまったバッグです。
けれど自分が欲しいと思って買ったわけではなく
他の人が持っていたから欲しいと思って買ったので、
少し時間が経つと全く魅力を感じなくなっていた=我に返ったのでした。

 

洗えるし、コンパクトにたためるので旅行に便利かな?と思い
断捨離するか悩むのですが、
正直この模様に飽きてしまっています。
もう一度自分が使う姿を想像することができないため、
これは処分することにしたいと思います。

 

衝動買いは長持ち、流行ものは短命

衝動買いは、私は割とよくする方です。
けれど衝動買いしたからといって、それにすぐに飽きることはありません。
衝動買いは、直感的に「判断」して必要と思ったから買っているわけで、
やみくもにお財布のひもをゆるめているわけではありません。

 

一方で「流行っているから」買ったものは、比較的早めに断捨離対象となっている感覚があります。
私自身がそれほど流行ものに興味がなく、定番アイテムが好きなため、
一瞬いいと思ってもやはり定番に落ち着きます。
また当たり前の話なのですが、流行りというのは「私ではない誰かが良い」と言っているものであって、
それが必ずしも私にとって良いとは限らないからです。
他人のモノサシで買ったものは、やはり短命です。

「自分基準で買うこと」、やはりこれは肝に銘じておかないといけないと感じました。

 

ひとつ買って

f:id:harchel:20171114232904j:plain

ふたつ処分

f:id:harchel:20171115004441j:plain

f:id:harchel:20171115004543j:plain




チャレンジ成功です!

 

少ない服で着回す 

30代〜アラフォー主婦のファッション 

ミニマリストの持ち物 

 

 

お付き合いくださりありがとうございました!

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

親子食育講座「野菜ぱくぱくキッチン」、やっています。

f:id:harchel:20171103201829j:plain

Follow me on Instagram!

f:id:harchel:20170424152417j:plain