読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

good room,good life

シンプルに「好き」を追求したい。ファッション・インテリア・ハンドメイド、そして家族。暮らしを豊かにしてくれることについて綴っているブログを北海道から。

good room,good life

Interior,Fashion,Handmade with Kids...from Hokkaido

【ESSEオンラインで記事を書いてます】ふり返ったら願いが全部叶っていた。人生をかけた「好き」は仕事にできる。~前編・私という人間~

わたしのこと

主婦雑誌『ESSE』のオンライン版で記事を書かせていただきました。

今回の記事は、年末年始の着回し記事です。

ボーダーカットソーでイベント目白押しの年末年始を乗り切る着回し術4選<ファッション>

 

札幌のミニマリストメグさんにご紹介いただき、
編集者の方も私のブログを読んで気に入っていただき、
書くことになりました。
ブログと同じ系統の記事になるかとは思いますが、
今後もよかったらご覧くださいね。

esse-online.jp


さて、この記事を書くことで、幾ばくかの謝礼をいただいています。
そして今、私は札幌市内で出張型の野菜教室を主宰しています。
最近はその一環でサルベージ・パーティを開催するようにもなっています。


こう羅列してみると、「昔から好きだったこと・夢だったことが、全部仕事になっている」のです。

 

f:id:harchel:20161223214557j:plain

昔から好きだったこと・夢だったこと

インテリアやテーブルコーディネートが好き

母がインテリア好き、祖母が器好きだったため、
小さなころから「カーテンひとつ変わるだけで部屋がガラっと変わる」ことを知っていた子でした。
お惣菜や納豆がそのままパックで出されることがどうしても苦手で、
自分で器にうつし替えたりしていました。
小学校の時の自由研究がテーブルコーディネートだったこともあります。

 

北関東で育ったので、近所におしゃれなインテリアショップなど皆無。
インテリア雑誌を眺めては、ひとり暮らしにあこがれ続けていました。

 

そして大学入学とともに念願のひとり暮らし!
どんな家具やファブリックをチョイスするかを考える時間が
勉強より彼氏を作ることより、何より楽しかった!

f:id:harchel:20161223214746j:plain


いよいよのめりこみ、インテリアショップでアルバイトをしたり
(結局学生は併設のカフェでしか雇ってもらえなかったけれど)、
インテリア系の専門学校に通い直そうかインテリア系の会社に就職しようか、
などと考えていました。

 

でも私が通っていたのはおカタイ「法学部政治学科」。
周囲は弁護士・国家公務員・その他一流企業を目指す友達ばかりで、
何となくその夢を持ち続けることができず、黙殺してしまいました。

 

ファッションが好き

小さい頃からおしゃれへのこだわりが強い方でした。
でも小学校が制服だったり、母が母好みの服を着せたがったことで、
小さい頃はファッションを楽しむことができませんでした。

 

転機は大学時代。
高校時代の親友が、大学時代に読者モデルになったことを知ったら
何だかいてもたってもいられなくなってしまいました。
まるで眠っていたマグマが噴出したかのように、一転してファッション好きに。
思い返せばきっかけは「同類と思ってた友達がひとつもふたつも抜きん出てる!
どうしよう!」という単なるジェラシーだったのですが、
そのことが「ああ、私はおしゃれが好きだった!」と思い出させてくれました。

 

f:id:harchel:20161104093446j:plain

それから会社員期のファッション狂時代を経て、
今は自分なりの軸でファッションを楽しんでいます。

月の洋服代は10万円!マキシマリストだった私が服を断捨離。今日手放したのは37着。 

社会貢献がしたかった

小学4年生の頃、将来の夢を「選ばされ」ました。
職業内容が書かれた本がずらっと並び、
そこからなりたい職業の本を選べ、と先生に言われました。なんて乱暴な(笑)。

私が何となく選んだのはなんと「国連職員」
なーんにもわかっていなかったけれど、漠然と
「困った人を助けたい、世界が平和であったらいい」
と思っていたと記憶しています。

 

f:id:harchel:20161223215149j:plain

その思いはずっとあり、そのため進んだ学部も「法学部政治学科」
専攻は社会学。社会問題について考える学問です。

けれど実際どうしたらいいのかわからず、何も行動できずに30代半ばまできました。

 

健康オタク

高校生の頃体調を崩し、身長163cmの私が一気に体重38kgにまで落ちてしまいました。
でもその状況を救ってくれたのが食べ物。
上手に栄養を取ることでぐんぐん体調がよくなり、止まってしまった生理も戻り、
超健康体へと復活しました。
その頃から、自分の身体は自分の食べたものでできている、という意識が生まれました。

 

大学時代のひとり暮らしの頃から何を食べるかには気を使っていた方で、
インスタント食品やコンビニ食、ファストフードを敬遠し、
自炊をがんばっていました。

 

f:id:harchel:20161014110955j:plain

「野菜」や「薬膳」に興味を持ったのもこの頃で、
その後2011年に野菜ソムリエの資格を取っています。
先日薬膳インストラクターの資格も取りました。

 

 

 あ!長くなってしまいました!
明日に続きます。

 

 

 

お付き合いくださりありがとうございました!

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

野菜の食育講座、やっています。

f:id:harchel:20161012113548j:plain