good room,good life

家族・暮らし・仕事・旅。ささやかな毎日を豊かにしてくれるモノ・コトを北海道から。

good room,good life

Interior,Fashion,Handmade with Kids...from Hokkaido

春休み子連れロンドン・パリ旅 :楽しいのは大人だけじゃない!子連れ(小学生男子)が楽しめる場所11選。

春休みに家族で、9泊11日のロンドン・パリ旅行へ行ってきました。

f:id:harchel:20190419203104j:plain

不安しかなかったこの旅

だってだって、ざっと検索したところ子ども達(10歳・7歳の小学生男子)の
楽しそうな場所が、ロンドン・パリにはあまり無い…
そりゃ博物館とか公園とかちょこちょこありますが、
シンガポールやオーランドのように、わかりやすく思いっきり
「子ども向け!」な施設があまりありません。

 

シンガポール・オーランドの記事はこちら

harchel.hatenablog.com

harchel.hatenablog.com

 

 
それだけでなく、親の私たちが「せっかくロンドン・パリまで来たんだから
これは見たいでしょう!」って思うものが多すぎて、
子どもそっちのけになりそうでこわかった、
というのが本音かもしれません。
だって歴史好きな親の私たちは本当に行きたかったのです、ロンドンとパリ。
子どもの「飽きた!」をうまくかわしつつ大人の欲求を満たす
それが今回の旅の最大の難所でした。

 

でも行ってみた結果、結局とっても楽しかったのです。
どう楽しかったかと言えば、
「子どもの心をガツンとつかんで離さない何か」はあまり無かったですが、
大人向け施設でも、子どもなりの楽しみ方をすることで、
そういう「たくさんの小さな楽しみの集合」で、
子どもでもしっかり楽しめた、という感じです。


f:id:harchel:20190420012206j:image

というわけで、ロンドン・パリ旅日記、最初の今日は、
「小学生男子連れで楽しめた場所11選」です。

 

 

行程

まずはどんな行程だったのかご紹介します。

3月19日(火)
≪移動≫ 札幌→羽田空港(前泊)
3月20日(水)
≪移動≫羽田空港(8:30)→北京乗り継ぎ→ロンドン着(19:30)
3月21日(木)
ロンドン観光
=リージェンツパーク・大英博物館交通博物館・フィッシュアンドチップス堪能
3月22日(金)
ロンドン観光
ロンドンバスでグリニッチ天文台・ビッグベン・ウェストミンスター寺院
3月23日(土)
ロンドン観光
ロンドン自然史博物館・バッキンガム宮殿・パブでビール堪能
3月24日(日)
≪移動≫ ロンドン→パリ(ユーロスター
パリ観光=エッフェル塔凱旋門
3月25日(月)
モンサンミッシェル
3月26日(火)
パリ観光
コンシェルジュリーノートルダム大聖堂・ガレット堪能
3月27日(水)
ディズニーランドパリ
3月28日(木)
パリ観光
ルーブル美術館・私のお買い物DAY
3月29日(金)
パリ観光
=夫と子ども達はセーヌ川クルーズ、私はお買い物、ガレット堪能
≪移動≫ パリ(19:30)→北京乗り継ぎ

3月30日(土)
羽田空港着(21:30)


f:id:harchel:20190419204218j:plain

▲ビッグベン、改修中…

小学生男子連れ、ロンドン・パリ旅を成功させるには?

私と夫は歴史好きなので、歴史的建造物を訪れるだけでわくわくします。
好きなテレビ番組がNHK地球ドラマチック」な長男も、やや大人側です。
次男は、「レジャーランド」「ゲーム」「乗り物」「プール」といった
いわゆる子どもが好きそうなものにしか興味を示しません。
苦手なのは、静かにしなければいけない場所。
とにかく興味津々、触るっていじってみるのが大好きなので、
「美術館」や「博物館」など、夫と私が大好きな場所が大の苦手です。
なので、いかに次男の要望を取り入れ苦手を排除しながら、
大人+長男の要望を満たすか、がカギとなりました。

 

その条件を満たしたのが、↑の行程の、下線部分の場所です。

詳しくご紹介しますね。

 

小学生男子も楽しめた場所・モノと、楽しむ方法

大英博物館のミイラ

歴史好きの長男でもギリギリ楽しいかどうか瀬戸際の大英博物館
私は、ラムセス2世像を見ただけでうるうるしていましたが、
子ども達は本当につまらなそう(笑)。
でも子ども達がいちばん興味をひいたのが、ミイラでした。

f:id:harchel:20190419204425j:plain

何千年も昔のミイラ、テレビでちょっと見てものすごくこわいと信じていた
ミイラが目の前にある恐怖と興味。
こわいけど見たい、見たいけどこわい、とちょっと興奮気味でした。
長男が「地球ドラマチック」で仕入れたミイラの作成方法を解説し始め、
(鼻から脳、骨盤の脇から内臓を出した、とか…ひぃぃ!)
こちらも勉強になりました。

ここは他の子も興味深そうに見ていたので、オススメです。

大英博物館HP

 

②ロンドン交通博物館

乗り物大好き!な子ども達。

f:id:harchel:20190419204607j:plain


鉄道の歴史から始まり、地下鉄やロンドンバスなど
たくさんの乗り物に大興奮。
大宮の鉄道博物館には遠く及びませんが、
我が家は3時間程度楽しみました。
平日だったからか周りにいる子は未就園児ばかりで、
あるものも対象年齢低め(未就園児向け)。
大きな小学生2人が遊んでいるのは少し異様でしたが、
汗だくになっていろいろな乗り物に乗り込んでいました。

ロンドンの博物館は無料のところが多いですが、
ここは有料。18ポンドです(1ポンド150円くらい)
けっこうな値段ですが、有効期限1年、つまり年パスです。
年パス以外の購入方法はありません。

ロンドン交通博物館HP

 

③無駄にロンドンバスに乗る

長男の希望でグリニッジ天文台へ。
地下鉄でささっと行く方法もあったのですが、
せっかくだからとロンドンバスに乗りました。
始発から乗ったので、2階のいちばん前の席へ。

f:id:harchel:20190419204718j:plain

そこからの眺めは、視界をさえぎられないのでとても清々しく、
いつも見ない目線からの眺めや変わりゆく街並み、
たくさんの乗り物、歴史的建造物に
子どもも大人もとても楽しむことができました。

▼詳しくはこちらにまとめました! 

harchel.hatenablog.com

 

 

④ロンドン自然史博物館は体験型施設

恐竜の骨や昆虫、人体などなど、触ったりボタンを押したり、
体験型の施設なので、子どもは飽きることなく楽しんでいました。
子どもってただ「見る」って苦手ですものね。

f:id:harchel:20190419204818j:plain

ちなみにここは無料です。
でも土曜日に行ったので、ものすごーーく混んでいました。
10時の開場前に行っても長蛇の列。待たずに入れましたが、
午後に外へ出ると入場制限していました。

 

ロンドン自然史博物館HP

 

ユーロスターで移動する

乗り物好きの子なら、一度はのりもの図鑑でお目にかかっているユーロスター
ロンドンーパリの移動で利用しました。
本に載ってるあれに乗れる!と、長男はものすごく喜んでいました。
外国の駅って天井が高くて、電車がずらりと並んでいるのがひと目で見渡せ、
「これから遠出するぞ」って感じがしますよね。
大人もわくわくしました。

f:id:harchel:20190419204901j:plain

▼詳しくはこちらにまとめました!

harchel.hatenablog.com

 

エッフェル塔・⑦凱旋門

有名だから見てみたい、という子ども達の希望で行ってきました。
「イッテQで見た~」と大騒ぎの子ども達です。

エッフェル塔凱旋門は歩いて15分くらいの距離なので、
まとめて済ませてしまう(笑)のがオススメです。

f:id:harchel:20190419204944j:plain

 

⑧ディズニーランドパリ

旅の初日から「ディズニーランドへはいつ行くの?」と繰り返し来ていた次男。
これを目標にさまざまな困難(美術館・博物館・レストラン)を乗り越えました。
最後の方に予定しておいて本当に良かったです。

イッテQで予習した、パリにしかない「レミーのおいしいレストラン」の
アトラクションやレストラン(要予約)も行ってきました。

f:id:harchel:20190419205039j:plain


ディズニーランドへは、バスで行きました。
いろいろな行き方がありますが、電車の治安が悪いと聞いていたので
オフィシャルバスで。
パークチケット付きで、バスはホテル近くから発着だったので、
相当楽でした。
帰りはバスで寝られたし。

ディズニーランドパリHP

 

セーヌ川クルーズ

日本でガイドブックを見ていた時から子ども達に
「絶対乗りたい!」と言われていたセーヌ川クルーズ。
でも寒そう…と思って私はなるべくスルーしようとしていました(ひどい母)。
けれど、いつもわがままをひとつも言わない長男が、
毎日小刻みに「セーヌ川クルーズ…」「セーヌ川クルーズ…」とつぶやくので
これはもう本気で行きたいのだな、と思い、
夫と子ども達で行ってもらいました(私はその間お買い物、結局ひどい母)。

f:id:harchel:20190419205610j:image

歩き回ることなくパリの見どころが見て回れて、
船にも乗ることができて、子ども達も夫も大満足だったようです。

夫たちが利用したのはバトー・ムッシュ
バトー・ムッシュHP

 

⑩子どもでも楽しめる仕掛けが!コンシェルジュリーは絶対オススメ

コンシェルジュリー(マリー・アントワネットが処刑前に留置されていた場所)の
ガイドはタブレット端末。
それを持たせるだけで、いじるの大好き次男は大満足なのですが、
なんとそれでお宝さがしゲームができたり
昔はその場所がどのようにして使われていたのかが
アニメーションで見られました。

f:id:harchel:20190419205747j:plain


説明に日本語はなく、英語のものを借りましたが
画像で楽しめるので兄弟で奪い合いをしていました!
親の私たちにとっても、かなりおもしろかったです。
有益な5ユーロでした。

 

コンシェルジュリーにはマリーアントワネットが処刑されたときに
着ていた、血のついた服などが展示されており、
世界史好きなら一度は訪れる価値があります。

 

コンシェルジュリーHP

 

⑪小学生男子的ルーブル美術館の楽しみ方:ギリシャ彫刻大喜利

大人の知的好奇心を満たしてくれる聖地、ルーブル美術館

f:id:harchel:20190419215901j:plain


そんなルーブル美術館でのガイドはNintendo3DS。(5ユーロ)
我が家にはゲーム機がないので、3DSを手に持てるということ自体が
子ども達にとっては感動体験です(笑)。
自分がいまどこにいるかも検索できて、軽く探検している気分になれました。
コンシェルジュリーの方が楽しかったですが、
それでも3DSを手に、一生懸命ガイドを聞いていました。

 

とはいえ、やっぱり子ども達にルーブルはつらいもの。
飽ききった子ども達を何とか楽しませようと夫が考案したのが
ギリシャ彫刻大喜利です。

美しいギリシャ彫刻、本当に命が宿っているかのような躍動感です。
それはまさに大喜利せずにはいられないほど。
本当に本当に不謹慎だろうなと思いつつも、
彫刻の何かを訴えかけるかのような姿に
夫がイチイチ吹き替えしていきました。

f:id:harchel:20190419210729j:plain


それが子ども達に大うけで。
夫レベルのネタが小学生にはちょうどよかったようで、
子ども達は腹を抱えて笑っていました。
おかげでギリシャ彫刻を、今までかけたことのない時間をかけて
真剣に鑑賞することができました。
まぁ、子どもに興味をもたせるためのひとつのきっかけとして、
ギリシャ彫刻大喜利、いかがでしょうか。

 

 

そんなこんなで結局楽しめたロンドン・パリ旅。
これから、それぞれの詳細やホテルのこと、おみやげのこと、
いろいろ書いていけたらと思います。
最近忙しいので1年くらいかかりそうです(笑)。
よろしくお付き合いくださいませ。

 

 

▼ハルマキの子連れ海外旅行情報

シンガポール・マレーシア・韓国・オーランド・台湾~

harchel.hatenablog.com

 

▼現地のツアー探しは、ベルトラにもお世話になっています

 

お付き合いくださりありがとうございました!
ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村

 

Follow me on Instagram!
f:id:harchel:20180517113314j:image