good room,good life

家族・暮らし・仕事・旅。ささやかな毎日を豊かにしてくれるモノ・コトを北海道から。

good room,good life

Interior,Fashion,Handmade with Kids...from Hokkaido

子連れロンドン旅:コスパ最高ホテル「リッジマウントホテル」を紹介。大英博物館からすぐ、大人かわいい雑貨ショップ街も徒歩圏内。

子連れロンドン・パリ旅での心配な点はいろいろあります。

まず一番は、ロンドン・パリって子連れでも楽しめるものなのか?
でもこれは、これまでの記事でもご紹介してきたように軽々クリアでした。

▼ロンドン・パリ子連れ旅 過去記事
●9泊11日の行程はこちら
●ロンドンパリ子連れオススメ①グリニッジ天文台
●ロンドンパリ子連れオススメ②ユーロスターでパリへ
●ロンドンパリ子連れオススメ③コンシェルジュリ
●ディズニーランドパリ

 
あとは、フライト時間が長い、時差がある、そして物価が高い…
今回は、旅行費用を安く抑えるために私たちが選んだ格安ホテルをご紹介します。

 

f:id:harchel:20190525152901j:plain

 

 

泊まったホテルはこちら

リッジマウントホテル

www.ridgemounthotel.co.uk

f:id:harchel:20190525110235j:plain

4泊でひと部屋9万円程度でした。

予約はBooking.comでしていきました。→【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

大英博物館まで徒歩5分

大英博物館だけでなくロンドン大学が目の前です。
地下鉄駅もたくさん利用可能です。
グッジストリート駅が最寄ですが、他にもラッセルスクエア駅、
ユーストンスクエア駅、ウォレンストリート駅、トッテナムコートロード駅が
徒歩圏内です。

しかもトッテナムコートロード駅あたりからロンドンの中心地に入ります。
リバティロンドンからぶらぶらと歩いて帰ってこられました。

 

私たちがホテルに求めた条件

かつてバックパッカーだった私たち夫婦は
「家族でもユースホステルでじゅうぶんだよね」ということで意見が一致し、
当初はロンドンセントパンクラス駅前のユースホステルを予約していました。
(セントパンクラス駅からユーロスターでパリに移動する予定だったため。)

 

4人ひと部屋(二段ベッド×2台)、トイレシャワー共同、4泊で7万円ちょっと。
ロンドンでは格安です。
口コミもしっかり確認、「清潔」「スタッフが親切」とのことでした。

 

でもいろいろ調べていくと、国際駅で不特定多数の人が多く出入りする
セントパンクラス駅周辺はあまり治安がよくないことがわかりました。
また、ホテルと違ってユースホステルには
部屋にテレビが無いこともネックと感じました。
子どもにほんのちょっと待っていてほしい時、テレビって本当に便利です。
ゲームだとやり始めたら切りのよいところまで終われないけれど、
テレビだったら比較的抵抗なく切り上げてもらえます。

 

そんなこんなで私たちがホテルに求めた条件は

・清潔、安全
・部屋にテレビがある
・4泊10万円程度
・地下鉄駅から徒歩5分以内(観光メインの旅行なので)
・近くにスーパーがある
・できればベッド4つ(ひとり1台)

です。

 

ロンドン滞在後はユーロスターでパリに移動するので、
セントパンクラス駅になるべく近くて上記の条件を満たす宿。
「寝るだけ!」と割り切って、ホテルならではの快適さ、
いたれり尽くせりのサービスを期待することは放棄しました。

 

 

でも結局、すごくいいホテルだった!

設備は最低限

ここはホテルとユースホステルの中間のようなホテルでした。


f:id:harchel:20190525120542j:image

あまりに部屋が乱雑なのでぼかしました…

シングルベッドが2台、ダブルベッド1台。
ホテルの設備やアメニティは本当に最低限のものしかないのだけど、
私たちが泊まった部屋にはシャワー・トイレがついていて
テレビもありました。
(シャワー・トイレ共同の部屋もあり)

設備は古いのだけど、お掃除は行き届いていて不快な思いはしませんでした。

 

ちなみに一般的なホテルにあって、このホテルに「無い」ものは、

●アメニティ
・歯ブラシ、歯磨き粉、うがい用コップ(飲み物用のグラスは有)
ティッシュ(トイレットペーパーは有)
・手洗いせっけん
・ポット
・スリッパ
・お茶とかコーヒーとか
カップ(グラスは有)
●設備
・セーフティボックス
・(いらないけど)電話
・物干し用リール(バスタブ内に付いているもの)

 

歯ブラシ、歯磨き粉、うがい用コップ、サンダルは持参していたので
大して不便を感じませんでした。(どれも機内で使いたかったため)
でも「セーフティボックス」は無くてちょっと困りました。
いつでもパスポートを持ち歩かなくてはいけなくて、
夫が服の下に身に着けられるポーチに家族分4冊をいつも詰めてくれたのですが、
ちょっと大変そうでした。

手洗いせっけんは無かったですが、すぐ後ろを振り返るとシャワールームで、
そこに設置されているボディソープを使いました。

 

でもスタッフが親切

家族経営なのか、おじいちゃんが毎日声をかけてくれ、
「今日はどこに行くの?」「そこに行くなら●番のバスが便利だよ」とか
親切に教えてくれます。
おじいちゃんではない方がフロント?というか事務室にいた時も
「何か困ったことはない?」と聞いてくれ、その時は何もなかったのですが、
そう聞いてもらえると、そのあと何かあったときに聞きやすくて
気持ち的に助かりました。

 

朝ごはんが充実

そして、4泊4人で9万円という価格にしては信じられないほど充実の朝ごはん付き。

f:id:harchel:20190525111341j:plain


内容は毎日ほぼ同じなのですが、
毎日確実に、「どんな味かな?」「いくらだろう?」などとドキドキせずに
安心してごはんがいただけるというのは
やはり異国の地ではありがたく感じました。

f:id:harchel:20190525111414j:plain
特に子連れだとなおさら。「食事が確約されている」というのは
絶対的安心感がありました。
「おかわりしてね」とか、子どもには「もっとジュース飲む?」とか声をかけてもらい、
子ども達もうれしそうでした。

f:id:harchel:20190525111514j:plain

 

毎日お部屋のお掃除に入ってくれる

お掃除に期待していなかったのですが、
なんと毎日入ってくれ、タオルも交換してくれました。
しかもチップの習慣はもう無いらしく、ベッドサイドに置いた1ポンドは
毎日そのまま…。
格安ホテルなのに、こんなにしてもらってなんだか申し訳ないくらい。

 

でもエレベーターは無い

古い建物なので、エレベーターはありません。
いろんな人の口コミで、それはわかっていたので
重たいスーツケースは夫がガッツで運んでくれました。

 

そして泊まった部屋はなんと地下

案内されたお部屋は、地下!

▼お部屋の窓から見上げた中庭(笑)

f:id:harchel:20190525111552j:plain
窓はありますが格子がはまっていて、なんだか牢屋みたい…(笑)
最初こそ気になりましたが、そもそも「寝るだけ」と割り切っていたので
すぐ気にならなくなりました。

 

廊下の話声は筒抜けだけど…

夜10時半ごろ帰ってきた、にぎやかな方たちの話声が筒抜けでした。
でも、時差の関係で夜8時には全員深い眠りについていた私たちには
ちょっと目が覚めたくらいで、大して影響ありませんでした。

 

近くにスーパーがたくさんあって便利

徒歩圏内には、
●庶民派のTESCO
●オーガニック系スーパーのPlanet Organic
●ライフスタイルショップのMarks & Spencer(シンガポールで私のお気に入りのお店、子ども服がかわいい)の自社ブランドスーパーM&S
がありました。

 

チェックイン・チェックアウト手続き、無し(笑)

私たちがホテルに着いたのは21時半ごろだったのですが、
ホテル入り口のチャイムを鳴らして鍵を開けてもらい、
名前を言ったら即お部屋に通してもらえました。
パスポートナンバーを控えたり、クレジットカードでデポジットを支払ったり…
ということが一切なく、疲れた子ども達を待たせることがなくて
助かりました。

チェックアウト時も、鍵を返すだけ。
予約時に登録したクレジットカードですでに支払いが済んでいたようで
(現地決済にしてたはずなんだけど、おかしいな。笑)
あっさり終了。
楽ちんでした。 

f:id:harchel:20190525160004j:plain

 

まわりはインテリア・雑貨ショップ街だった

そして特筆すべきが、すぐ近くに大人かわいい雑貨店が
ひしめいていたこと!
最寄り駅があるGodge Street(グッジストリート)は
インテリア・雑貨ショップ街だったようです。
これはホテル周辺をGoogleマップ上で徘徊していて発見しました。
ホテルで夫に子ども達を託して2時間もらい、ダッシュで行ってきました!


Habitat

www.habitat.co.uk

昔新婚旅行で訪れたスペインで1回入ったことがあり、
その時はプレートやカップ大人買いしてきました。
そのかわいさに、なかなかお店から出られなかったインテリアショップ。
また出合えるとは!

 

●Heal's

www.heals.com
大人のハイセンスさが光るHeal's。
ここのラグがどれもこれもステキで買って帰ってきたかった…。
このお店に日本の陶芸家さんの作品(お名前忘れました)や
KINTOのガラスウェアが取り扱われていて、
ロンドンで日本製のものに出合えたうれしさもありました。

 

Lombok

www.lombok.co.uk

お店に入った瞬間「くどい…」と感じたのですが、
ひとつひとつのアイテムが光るお店!
全てをここでそろえると大変なことになりそうですが
ポイントとなるアイテムを探すのにぴったりのお店です。

●west elm

www.westelm.com

女子が好きそうなお店。
小ぶりでかわいい家具がたくさんでした!

 

行けなかったですがIKEAもこの通り沿いにあるし、
Calligarisという家具屋さん、PaperChaseというかわいいカードショップも
あります。
他にもGoogleマップ上で徘徊していたら家具屋さんたくさん!
次回行けるとしたら1日もらってぶらぶらしたい通りでした。

f:id:harchel:20190525160208j:plain

 

 

まとめ

子連れといっても、我が家の子ども達は10歳・7歳。
もっと小さなお子さん連れには、エレベーターが無く遮音性の低い今回のホテルは
あまりおすすめできません。
でも大人とほぼ同じ行動ができるようになり、泣いたりわめいたりがほぼなくなった子には、
このホテルで十分でした。というか、ぴったり。
格式高いホテルだとかえって気を遣うのですが、今回のホテルは
ホテルの方との距離が近くとてもアットホームで
居心地が良かったです。

出費を少しでも抑えたい子連れ旅の方に、ぜひオススメしたいホテル。
候補に入れてもらえれば幸いです!

 

▼ハルマキの子連れ海外旅行情報

シンガポール・マレーシア・韓国・オーランド・台湾~

harchel.hatenablog.com

 

▼現地のツアー探しは、ベルトラにもお世話になっています

 

お付き合いくださりありがとうございました!
ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村

 

Follow me on Instagram!
f:id:harchel:20180517113314j:image