good room,good life

家族・暮らし・仕事・旅。ささやかな毎日を豊かにしてくれるモノ・コトを北海道から。

【おひつレポ】やっぱり買って正解!夏も常温保存可能、実験結果と新しく見つけたいいとこ2つ。

夏前に手に入れたおひつ。


f:id:harchel:20181109082136j:image


その時の記事がこちら。

harchel.hatenablog.com

それからも毎日おひつを使う生活をしています。

コメントをくださった方もいたのですが、
購入時から気になっていたのが
「夏場はおひつに入れてどれくらい常温で保存できるのか」
ということでした。

北海道は本州に比べたら断然涼しいので、
本州にお住まいの方にはあまり参考にはならないかと思うのですが、
夏を経てみて感じたメリットや感想を書いてみたいと思います。

 

 

おひつは夏でも常温保存でOK、ただし条件付き

木に備わっている抗菌効果により、おひつに入れたごはんは
常温でも長持ちする、という記事を見かけました。
果たしてどうなのか?どれくらいもつのか?
地味に実験してみました。

気温は、最高気温が32℃くらい、最低気温が21℃くらいです。

【実験結果】

初日の朝:炊きあがり、おひつに移す。それから常温で放置。

初日の夜:問題なく食べられる。

翌日の朝:何だか嗅いだことがある変なにおいがする。でも夫は平気で食べる。
     (においが変なだけで味は問題ない)

翌日の夜:食べる気が起きないほどのにおいになる。

 

という結果でした。

 

つまり常温で保存可能ですが、それは12時間程度。
1日で食べきれない時は、おひつのまま冷蔵庫に入れました。
冷蔵庫に入れれば翌日も問題なく食べられ、
もちもち具合も変わらず楽しめました!

 

入れっぱなしは、ごはんがおひつにこびりつく

冷蔵庫に入れて2日目を迎えたおひつのごはん。
ごはんの状態は変わらずもちもちでおいしいのですが、
ただおひつ自体はどんどん乾燥していくため、
最後はごはんがおひつにこびりつき、かなり取りにくかったです。

f:id:harchel:20181108235503j:image

冷蔵庫に入れて保存はできますが、
それも冷蔵庫で場所を取ることだし、
入れっぱなしはごはんがこびりついて大変なことにもなるので、
1日で食べきれる量を炊くのがいちばんですね。

 

ちなみに朝炊いておひつに入れて、
12時間後の晩ごはんにごはんを食べた時は
おひつにはまだ水分が残っているので、
こびりつきもほとんど無いです。

f:id:harchel:20181109084614j:image

 

こんないいとこも①べちゃべちゃごはん復活!

 

炊飯器に入れっぱなしで忘れてしまい、
数時間後に気づいたときにはべちゃっとしてしまったごはん。
「あー、せっかくおひつがあるのに…」と反省したのですが、
そのべちゃべちゃごはんをおひつに入れておくと…
なんともちもちごはんに復活!!
罪悪感がまた払拭できました。

 

こんないいとこも②排水口やふきんのキレイを保てる

おひつを使い終わる度に煮沸消毒をします。
それが続けられるか心配だったのですが、
毎日熱湯をシンクに流すので、
なんとシンクや排水口のぬめりが断然減り、
キレイを保てるようになりました!

しかもついでにふきんにも熱湯をかければ、
ふきんの雑菌臭予防にも。

f:id:harchel:20181109082356j:image

そんなメリットがあるので、煮沸するのが楽しくなりました。

(いや、もともと煮沸好きでした、わたし▼)

harchel.hatenablog.com

 

ごはんはおいしいし、
排水口やふきんはキレイだし、
見た目も美しいし、
高かったけれど本当に買ってよかったと思っているのが
このおひつです。
お友達にもおすすめしまくっています。
間違いなく、今年買って正解だったものナンバー1です。


f:id:harchel:20180517112420j:image

 

 

 

お付き合いくださりありがとうございました!
ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村

親子食育講座「野菜ぱくぱくキッチン」、やっています。

f:id:harchel:20171103201829j:plain

Follow me on Instagram!
f:id:harchel:20180517113314j:image